ダクトの清掃や耐震補強等様々な工事について知る

解体工事をする

解体工事にかかる期間とリサイクルについて

現在の住まいでもある一戸建て住宅が古くなったために、新しく家を再建築する時は既存の住宅の建物を解体工事を行って一度更地の状態にしなければなりません。 また、古屋付きの土地を購入して注文住宅で家づくりを行う時も、既存の建物を取り壊すための解体工事が必要となります。 解体工事と言うと、建物を重機などを利用して取り壊し、更地の状態にすると言うイメージを持つ人も多いのですが、現在の解体工事は建設リサイクル法に基づき、分別解体を行うことが義務付けられており、重機などを利用して建物を押しつぶすような形の解体は違法とされているのです。 それ故に解体にかかる時間も建設リサイクル法が施行されたことで長く掛かりますが、その反面分別しながら解体を行う事でリサイクルがし易い形で建物を取り壊す事が可能になっているのです。

解体工事と中間マージンについて

建築物が有る場合、新しい家を作るためには既存の建物を解体工事を行って取り壊す必要が有ります。 中古で購入した一戸建ても、リフォームをしていては費用が多くかかるだけと言う時など、解体工事を行って建築物を取り壊して注文住宅で家づくりを始めると言うケースが多く有ります。 この時、解体工事と言うのは工務店などに発注する事で下請けの業者に発注が行われ、建物を取り壊した上で新しい家を工務店が作り上げていくのです。 依頼者側は工務店に依頼をすれば解体工事と家づくりを一貫して行われると言うメリットが有りますが、工務店は解体工事を下請け業者に発注しますので中間マージンが発生する事になり、直接依頼するよりも工事にかかる費用が多くかかることになるのです。 そこで依頼者が直接工事業者に解体の発注を行う事で中間マージンが発生する事無く安く取り壊すことが出来るのです。

Copyright© 2015 ダクトの清掃や耐震補強等様々な工事について知るAll Rights Reserved.